シャンプーについて

今のシリコンvsノンシリコンのシャンプー論争。洗わない方がいい!なんて論理も出てきています。シャンプーって、何? から考えていきましょう。シャンプーって、洗浄剤ですよね。そう、汚れや付着物をキレイに洗浄する物なんです。(ここが、大事)10年?15年程前からの カラーリングブームで髪がダメージする方が多くなってきましたね。ハイトーンブームで、ダメージに拍車がかかったんです。しかも、パブリックで売られている、ホームカラーで ダメージ追加。そんで、巻き髪ブームでアイロンてんこ盛りで、さらにダメージ追加。髪は、死んでいきます。そんな状態で、洗浄する目的のシャンプーでは髪が軋んで 上手く洗えない!って事になります。「このシャンプー、ダメ!」シャンプーが、売れないんです。じゃぁ、シャンプーを買ってもらうには、どうすれば???従来の洗浄する目的のシャンプーでは、売れないんです。そこで、考え出されたのが「しっとりさせます」シャンプー。ん?シャンプーの目的は、洗浄するんだょね?しっとりするはずが無い。これが、一般に言われているシリコン入りシャンプーの発想なんです。(シリコンだけじゃないけど。。。)トリートメントやコンディショナーには、当然 前から入っているんです。(でなければ、サラサラには なりませんよね。)問題は、ここなんです。洗浄するためのシャンプーに、シリコンやそれ系の物を入れて洗っても、洗浄しきれない。それに、トリートメントのサラサラ成分をプラス。追加 追加の オンパレード。さらに 洗い流さないトリートメントも また追加。だから、髪や頭皮に良くない!って言われ始めたんです。「なんか、洗ってもベタベタする。」なんてね。。。長くなりそうだから、また続き書きますね。リクエストが多ければPS:僕は、髪の状態で、シリコンや皮膜、使いますょ。だって、シリコンや皮膜は 悪じゃないから。。。。。

OwnerStylist hide's feelings

”Pash Hair” オーナースタイリストの喜怒哀楽

0コメント

  • 1000 / 1000